海外ウエディングをなるべく安く挙げる方法②

前回の続きです。

今回はウエディング会社のオプション費用を伝えていきます。

 

結論からいうと、オプション費用はピンキリです。

掛けようと思えばお金はどんどん掛かります。

 

私が選んだ挙式プランにはウエディングドレスとタキシードスーツはついていました。

女性は8万までのドレス、男性は2万までのスーツなら追加費用なしという内容です。

そして日本で試着をし、現地で同じサイズのドレスをかりるという流れです。

 

試着当日ドレスの案内受けたのですが、、、プランに含まれているドレスは3種類ほど。

それ以外は追加料金要。

それも他のドレスやスーツと比べても見栄えから違いました。

 

一生に一度だしね…ということで、

結局ドレスは20万、スーツは8万の追加費用を払う羽目に笑

持ち込み可ならドレスは中古で買おうかという話もしましたが、現地持ち込み料金は取られるし持ち込み大変だろうということで断念。

 

そして試着中も試着後も色々セールスを受けました笑

ブーケや女性用のインナー、男性用の靴下やインナー、写真やムービー作成などなど案内されましたが写真だけ頼みその他は自分たちで準備することに。

 

正直、一つ一つがかなり高いです。

女性用のインナーがいい例で、オプションとして購入すると3万くらい。

似たようなのネット購入→5000円

これだけ違います笑笑

金銭感覚麻痺させないように慎重になることをお勧めします!

 

ブーケが一番悩みどころでしたが、造花ブーケでもかなり質の良いものを探すことが出来たので全体的に自分で揃えることによってかなり節約出来ます。

写真代もアルバム作成費含め10万くらい、美肌加工で2万かけました。

 

以上がウエディング会社で払ったオプション代です。

計40万くらい。

 

あとあと思ったことですが、写真の美肌加工はやる価値なかったです。

そして写真もアルバムにいれる写真枚数によって料金が変わるのですが、原画は全部もらえたので料金低めのプランでも十分でした。

 

私たちの考えはウエディングで莫大な費用をつぎ込む…より、その後に控えている住宅購入などに資金を回そうと思ってかなり節約思考だったのでこんな感じでした。

参考になれば嬉しいです。

次回は現地費用を案内します。